2010年12月18日

あれから1週間

12月18日
 先日、夜中に病院から電話があってから、1週間経ちました。一晩父に付き添いで、いっしょにいた時は、かなり脈も、血圧も下がっていて、危ない状態でしたが、その後は何とか、低いところで、安定していて、数日中にも心臓が止まるかも、といわれていましたが、何とか、1週間生きています。

 目は開いていることもありますが、意識はありません。こんな状態で、生かしておくのも、かわいそうに思いますが、殺すわけにはいきません。何とか、尿が出てくれれば、まだ可能性は残っていると、信じたいです。

 脈、血圧は安定しています。ただ、吸引の容器が赤く染まっています。唇がきれているのか、下の前歯に血がこばりついています。上唇も乾燥して、前歯にぴったり張り付いています。きっと、張り付いていた唇が、さけて、出血したのでしょう。痛々しい限りです。父は無意識で、がんばっているのでしょうが、もう楽にしてあげたいです。
 
posted by gangan at 22:53| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。