2010年12月04日

いとこが東京から

12月4日
 東京のいとこが父のお見舞いにわざわざ来てくれました。父の手術の時、1日いっしょに待合室で待っていてくれたいとこの一番上のお姉さんになります。私の20数人のいとこの中でも一番の長老?(失礼)です。ずっと前、高校野球で、○○高校エース○○投手のお母さんとして、時々NHKの放送中に観客席の彼女がテレビにうつっていて、ちょっとした有名人でした。東京と福岡ですので、ずいぶん長く会ってなかったのですが、今年1月に父の妹(私のおばさん)が亡くなったときに、会って時々電話していました。

 せっかく遠くから来てくれるので、多少でも良くなっていてくれたらと思ってましたが、昨日の気管切開のせいか、肺炎が多少あるのか、ほとんど目を開けることはありませんでした。2人のいとこが盛んに呼びかけますが、多少まばたきはすることもありますが、目立った反応はありませんでした。でもきっと本人にはわかっているだろうと思っています。遠くからお見舞いありがとうございます。
 
 父の状況ですが、今日は熱があり、氷枕をしています。看護師の方の話では37.6℃ということですが、頭や腕を触った感じは38℃以上はありそうです。今まで、熱があってもあまり汗をかいていなかったのですが、今日は頭も腕もじっとりと汗をかいています。昨日までと違って、血圧もちょっと高めです。

 人工呼吸器は動いていました。今までと違って、ピィーという警告音がかなり頻繁にうるさいくらい鳴ってました。呼吸と呼吸器のピッチが合っていないのかもしれません。熱のせいか、多少呼吸が速くなっているような気がしました。

 以前子供の頃は、お盆やお正月はおじさんおばさん、いとこ達と会うことが多かったのですが、大人になって、結婚して、それぞれの人間関係が広がっていくと、なかなか一同に会う機会がなくなってきます。いとこや親戚と会えるのが、何かあったときだけというのでは、寂しい気がします。
posted by gangan at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。