2010年11月18日

血清アルブミン

11月17日
 先週末から病状が落ち着いているというか、多少良くなっている雰囲気でしたが、今日は「血清アルブミン」を点滴、いや輸血というんでしょうか、入れていました。他の状況は特にかわりはないようです。右手はずいぶんホッソリなってきています。左手は甲に皮下出血があります。だいぶ範囲が少なくなっています。右手は少ししわしわになってしまいました。

 輸血しているということは、血液の状態が悪いんでしょうか。「アルブミン」というのは聞いたことはあるんですが、何者かわかりません。インターネットで調べてみると、タンパク質でもあるようですし、浮腫を抑えるのかもしれません。状態が悪くなって、やっているのか、よりよくするためにやっているのか良くわかりません。よりよくするためにやっていると祈りたいです。

 頭の熱はたいしてないようですが、腕がかなり熱い感じです。38.2℃ほどありました。右手より、浮腫がひどい左手の方が熱を持っているので、何か関係があるのでしょうか。この2〜3日氷枕をしています。熱が下がればよいですが・・・。 とりあえず、「アルブミン」補給で、良い結果が出るかもしれません。
posted by gangan at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。