2010年11月06日

目を開けてました。

11月6日
家内の母が山口から父のお見舞いに来てくれました。
父の病室に行くと、母が何やら父に向かって話していました。話していることがわかっているのかなと思いましたが、わかっているのか、どうなのかわかりません。確かに目は開いているのですが、あまりはっきりした反応は確認できません。
 
 顔、あごの下、耳の下、肩の水はだいぶひいてきました。耳たぶの変形もありません。水の膨れは腕がひどくなっているようです。手の甲からパンパンで左手の肘から先は、ちょっとこするとはじけそうで、こすれないように保護しています。

 2〜3日前は、尿が少し赤みがかっていましたが、今はそうでもありません。出る量もここ数日間大差ありません。血圧も特に問題ないようです。ただ、意識が少し戻ったときか、175 くらいまで、あがってました。

 目は開いてますが、意識があるかどうかはわかりません。なんとなく話は聞こえているような感じでもありますが、よくわかりません。依然として、人工呼吸器、眠り薬も使っていますので、ぼんやりした感じだと思います。
 
 
posted by gangan at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。