2010年11月19日

DICの症状?

11月18日
 昨日、血清アルブミンを補給していたので、今日は多少良くなっているかと思いながら、父の病室に行きました。相変わらずで、父は眠っていました。あまり変化ない状態ですが、あごのあたりから耳の下あたりまでが、昨日に比べて、多少、水で膨れているようです。よく見ると、点滴の痕でしょうか、皮下出血が何カ所か見られます。

 布団をめくって、手を見てびっくりしました。昨日まで、ホッソリしていた右手が少し膨れがひどくなっています。それに右手の甲はかなりひどい皮下出血で、血餅のような状態で、赤紫色になっています。左手の甲の皮下出血は、昨日よりは多少良くなってますが、相変わらず、ぷっくりと膨れています。腕の熱もおさまっていません。

 腕は痛々しい状態ですが、足はたいして膨れていませんし、皮下出血等も見られません。吸引の容器にたまったものを見ると、だいぶ赤味がかって見えます。鼻、のどの粘膜からの出血があるのでしょう、口には呼吸器があるので、口の状態は良くわかりませんが、多少出血している様子です。いろいろ考えると、播種性血管内凝固症候群(DIC)の症状がすすんでいるのではと、急に心配になってきました。

 しばらく、父の身体の様子を観察して、写真を撮っていると、あくびをしました。口には呼吸器のパイプをくわえているので、口は開きませんが、確かにあくびのようです。結局3回あくびをして、目を開けました。今日はトロンとした目でなく、はっきり見ているような目の色でした。わかっているだろうと思います。

 実家に行って母と話をすると、「熱も下がらないし、良くなるだろうか。かわいそうになってきた。」と心なし、元気がありません。こう毎日毎日、病状が変わると、なんとなく落ち着きません。
どうしても、悪い方に悪い方に考えるんですが、絶対治るという信念が必要です。本人の気持ちが一番ですが、眠っているので、どうしようもありません。信念も、神頼みもかわりにやってあげることにします。
posted by gangan at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

血清アルブミン

11月17日
 先週末から病状が落ち着いているというか、多少良くなっている雰囲気でしたが、今日は「血清アルブミン」を点滴、いや輸血というんでしょうか、入れていました。他の状況は特にかわりはないようです。右手はずいぶんホッソリなってきています。左手は甲に皮下出血があります。だいぶ範囲が少なくなっています。右手は少ししわしわになってしまいました。

 輸血しているということは、血液の状態が悪いんでしょうか。「アルブミン」というのは聞いたことはあるんですが、何者かわかりません。インターネットで調べてみると、タンパク質でもあるようですし、浮腫を抑えるのかもしれません。状態が悪くなって、やっているのか、よりよくするためにやっているのか良くわかりません。よりよくするためにやっていると祈りたいです。

 頭の熱はたいしてないようですが、腕がかなり熱い感じです。38.2℃ほどありました。右手より、浮腫がひどい左手の方が熱を持っているので、何か関係があるのでしょうか。この2〜3日氷枕をしています。熱が下がればよいですが・・・。 とりあえず、「アルブミン」補給で、良い結果が出るかもしれません。
posted by gangan at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

輸血していました。

11月15日
 このところ病状は落ち着いています。夕方病院に行くと、輸血していました。以前のような血小板ではなく、普通の血液のようです。赤血球の補給でしょうか、腎臓の機能がもう少し回復すると、人工呼吸器をはずせるということですが、また血液の状態が良くないのでしょうか、ちょっと心配です。
 人工呼吸器つけて、もうすぐ3週間になりますが、大丈夫でしょうか。あまり長く続けると、肺炎になったりするということも聞いてます。そうでなくても、今の父の様子を見ていると、ただ生かされているという感じで、何ともやりきれません。
 意識があって、しゃべったり、手を動かしたりすれば、多少でも救いになりますが、目も開けませんので、それこそただいきている状態で、かわいそうな気もします。

posted by gangan at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。