2010年09月29日

転院予定の病院

9月29日
 父の入院先の大学病院からの転院先は決まらないまま、大学病院からいわれている病院に面談に母と行ってきました。地域連携室のソーシャルワーカーの方との面談でした。リハビリの為の転院となってますが、今の父の状態は、すぐに通常考えるようなリハビリができる状況ではないことを今までの経過を踏まえてお話ししました。

 ちょっと気になる点は、リハビリに特に力を入れている病院ではないので、食べ物を食べたり、飲み込んだりというリハビリが可能かどうか。リハビリ専門の病院が良いにではないかという思い。
回復するのにたぶんそうとう時間がかかると思われるので、また、3ヶ月たったら転院という事になるのかどうかの確認。といったところでしょうか。
 
 話をしていて、多少不安が少なくなった気がします。リハビリ自体は可能であること、父の場合、まずはリハビリよりも、内科的な治療が必要なので、どちらかというと、急性期の病院の方がようだろう、また、入院期間のことは、よく言う「たらい回し」はしない、治療が必要なら入院期間に関係なく、続けているということでした。

 リハビリと思いきや意識もはっきりしないような、寝たきり患者を受け入れるというのも、たいへんだろうとは思いますが、私たちにはどうすることもできないので、何とかお願いするしかありません。
posted by gangan at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

介護保険の認定の調査

 9月28日 介護保険の認定の調査があるということで、午前中、母と2人、父の病院に行きました。市役所から女性の調査員の方が来られて、いろいろ聞かれました。本人にもいろいろ確認が必要なのでしょうが、父の様子は、ここ1〜2日ずっと眠っている状態で、声をかけても、なかなか反応がありません。調査員の方も声をかけますが、聞こえているのか、いないのか、しっかり目を開けられない状態でした。

 その後、別室で、看護師と家族に話を聞くという内容でした。要介護の認定まで、1ヶ月ぐらいかかるということですが、たぶん要介護の認定はおりるだろうということでした。それも要介護5でしょう。今日の状況では、ひとりでは何もできない状況でした。

 介護はいいですが、病院入院中は介護保険の対象外ですので、利用できるのはずっと先のことでしょう。3ヶ月前まで、あんなに元気だったのに、このまま寝たきり状態になるのでしょうか。耐えられません。本人はどう考えているかわかりませんが、一番耐えられないと思います。
posted by gangan at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

そろそろ転院

 9月21日 父が入院中の大学病院の主治医の先生より、久しぶりに電話があり、そろそろ転院を考えていると言うことでした。ずいぶん長い入院なので、そろそろと思っていましたが、やはり、その時がやってきました。

 転院自体は仕方ないと思っていますが、ただ、今の父の状況で、転院ができるかどうか疑問が残ります。手術後3ヶ月近くなるのですが、歩くどころか、口から食べることも、飲むこともできない状況で、急に熱が出たり、日によって病状がコロコロ変わります。

 転院の候補としてあがっている病院は、以前話があってたD病院でなく、K病院です。腰が曲がった母が面会に行くのに、交通の便が良いからというのが、多少影響しているようです。D病院は回復期のリハビリ病棟があるかなり規模の大きな病院、K病院は特にリハビリを表に出していない病院、果たしてどちらが、いまの父の状況に適しているのか。ちょっと、調べてみる必要がありそうです。
posted by gangan at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。