2010年08月14日

すぐに帰りなさい。

 8月13日 お盆で3日程家内の実家に行くので、その前にと父に面会に行くことにしました。何日か会えないので、ゆっくりして行くつもりで、出かけました。昨日はハイテンションで、動いたり、しゃべったりしていたので、今日はどうだろうと楽しみでした。

 病室に入ると、父はひとりで、静かに寝ていました。寝ているというか、目を閉じてただけのようで、すぐに目を開けました。そして、何やら近くに来るように、手招きします。何か必死に伝えようとしているのですが、どうもよくわかりません。

 何やらすぐに帰れと言っているようです。いろいろ聞いてみると、母が今まで、面会に来ていて、さっき帰ったので、すぐ帰って車で、連れて帰ってくれ、と言っているようでした。

 というわけで、「わかった。」と握手だけして、病院をあとにしました。さて、すぐに帰ったのですが、病院の近くのバス停にはいません。バスを乗り換える停留所はわかっていますので、そこに行ってみましたが、いません。ちょっと本屋さんに寄って、しばらくしてからバス停に行くと、母がバスを待ってました。

 母の話では、父の様子は、昨日元気が良かったけど、今日は疲れが出たのか、静かだったと言うことです。

posted by gangan at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

どういう訳かハイテンション

 8月12日 おばさんの遺品整理、専門業者にお願いして、きれいさっぱり片付きました。荷物を全部出して掃除をするまで、3時間でした。予想以上に早く終わってしまいました。こういうことはやはり、専門業者に任せるに限ります。思い出の感傷に浸る暇もなく、本当にアッという間に何もかもなくなりました。遺品が残っているまでは、故人の生活が残っているような気がしますが、物がなくなってしまうと、人間て何もない、はかないものだと感じます。ほんの2ヶ月前まで、おばさんが住んでいたのですが、今は何もなくなってしまいました。
 
 あまりにも早く終わったので、午後に早いうちに父の病院に母と面会に行きました。病室のドアを開けてびっくり、昨日同様ラジオが鳴っているのは同じですが、看護婦さんと、何やらわいわいしゃべっています。看護婦さんは話の相手はしていますが、何をしゃべっているのかわからない様子で、困っています。

 睡眠薬の影響がなくなったせいかどうかはわかりませんが、こんなにしゃべっているのを見たのは初めてです。ただし、何をしゃべっているのかわかりません。頭が混乱しているのか、思うようにしゃべれないのかわかりませんが、内容がさっぱりわかりません。

 しゃべるだけでなく、足でけったり、つねったり、鼻から痰をとろうとすると、ムキになって、手で振り払っていやがります。最後は両手を押さえつけて、痰をとってもらいました。ギャーギャーいって大騒ぎです。
鼻につけている酸素のチューブもイヤで、とってしまいます。ちょっとイライラしているのかもしれません。

 いつからこんなだだっ子になったんでしょうか。ベッドの縁を手で引き寄せて、右や左に向きを変えようとします。今まで、こんなことはしようともしなかったので、びっくりしました。手術の傷自体は良くなってるようです。あまり痛がる様子もありません。

 そうこうしている間に、いとこ夫婦が見舞いに来てくれて、またまた、調子に乗って、話し出しました。ちゃんとだれが来ているか、わかっているようで、あたまが混乱しているのではなさそうです。それにしても驚きの1日でした。
posted by gangan at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

ラジオ聞いているの?

 8月11日 台風通過の雨の中、仕事の合間に父の病院に面会に行きました。
病室のドアを開けると、昨日までと違って、ラジオがガンガン鳴っていて、びっくりしました。

音がするのが煩わしいのか、ずっとテレビも見ずに1人部屋にいましたので、ラジオを聞くというのは少しは気分的によくなったのかなと思いました。

が、どうも様子が変です。目は開けてますが、ずっと一点を見たままで、意識レベルが落ちています。面会に来ても、声も出さないし、返事もしないし、わかっているのかどうか反応もありません。

首から点滴、鼻に酸素で、熱は特になく、痰が少し出ますが、肺炎はよくなっているように思います。依然として、口から食べ物は入れていません。傷はずいぶんよくなっていると聞いていますが、状況はだんだん悪くなっているように感じます。

どう見ても、今の状況では、食事ができるようになる気がしません。
少しでも良くなる気配があると良いのですが、このところの状況では心配になってしまいます。
posted by gangan at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。