2010年12月27日

クリスマス・イブ

12月24日 クリスマス・イブ
 意識も戻らず、長い間がんばっていた父ですが、クリスマス・イブを迎えるのを、待ってたかのように、心拍数のモニターが0を示しました。その後、また、しばらく心臓が動きだして、しばらく動き、ついに0時22分、父は81年の生涯を終えました。安らかにゆっくりと眠って欲しいと思います。


12月23日 天皇誕生日
 昼過ぎ、実家の母から病院から電話があり、すぐに病院に行くとの事でした。万一の場合、数日間は仕事ができないので、少し、仕事の整理をして、病院に行きました。

14:00 心拍数74 血圧81 37 心拍数は昨日と変わりませんが、血圧は少し低くなっています。口の中で出血しているようで、吸引の容器は赤く染まっています。

15:20 心拍数75 血圧92 45 多少血圧が上がります。過去何回か血圧が下がったと電話で言われて、病院に駆けつけたのですが、何とか持ちこたえた父です。今回も何とか・・・と信じています。

16:00 心拍数76 血圧89 42 血圧は多少低いですが、しばらく安定しています。夜のことも考えて、母を病院に残して、いったん帰宅して、仮眠することにしました。今晩は徹夜覚悟です。

19:30 2時間半ほど寝て食事を済ませてゆっくりしていると、病院から電話です。今まで以上に丁寧な内容の電話でした。母に電話したが、病院からの帰宅途中のようで、つながらなくて、私にかかってきたようです。病院へ行く準備を始めてすぐ、母から病院から帰ってきたとの電話がありました。病院からまた電話がかかってきた事を伝えると、母は力が抜けたような様子です。 

20:30 母と家内と3人で病院に着くと心拍数が50前後になってました。口の中の出血はひどくなり、人工呼吸器の動作に合わせて、舌がブルブル震えて音がするようになってました。何でも舌も浮腫んで、のどの空気が通る時に出る音でした。そういえば、耳からあごの下、肩のあたりの浮腫みが夕方よりさらにひどくなっているように感じます。

21:20 心拍数49 血圧98 36 血圧は変化ありませんが、心拍数が落ちてきました。いよいよ疲れてきたようです。

22:15 心拍数33 血圧69 30 突然心拍数が33に落ちアラームが鳴り響きました。いよいよかも、簡易ベットで、横になっている母を起こしました。何を思ったか、いとこに連絡するのを忘れていた、といいだして、慌てて電話をしました。この調子では間に合わないかもしれない。

22:35 心拍数47 血圧79 35 ちょっと、良くなりますが、不安定です。口の中の出血はますますひどくなって、うがい状態で、頻繁に吸引が必要です。

23:35 心拍数25 血圧64 22 いよいよ心拍数が落ちてきました。先ほど電話したいとこも23時過ぎには到着し、何とか間に合いました。どうせなら、クリスマス・イブまで、がんばって!

 
 
 
posted by gangan at 01:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

低い状態で安定?

12月22日
 午後の会議の議事録をまとめようとしていた18時頃、父の病院にいる母から電話があり、すぐに来てくれということです。母は普通、16時頃のバスで家に帰るので、こんな時間まで病院にいるということは父の状況が良くないと想像はつきます。心配です。

 19:05 心拍数66 血圧103 38 病院に行くと、母は冷静でした。心拍数も、血圧もここ1〜2日と、たいして変わりません。父もなんとなく、涼しい顔して口を開けて寝ています。母も今日は口の中をきれいにケアしてくれたと、何事もなかったかのようにいいます。ちょっと待ってよ。何で電話したの?看護師さんに電話するようにいわれたの?No 母の気まぐれ?

 口の中は出血しています。腕の浮腫はすすんでいます。尿のでかたも少なくなっているようです。腕の内出血もひどくなっています。年越しはあるかもしれない。でも、この状況ではちょっと無理な気がします。 
posted by gangan at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

1日無事でした。

12月21日
 北九州まで、1日がかりの現地調査です。昨日の今日ですので、父のことを思うと、行くかどうか迷います。危ないからと病院から電話でも、すぐに切り上げても一時間半以上かかります。今朝の父の具合が心配でしたので、朝7時半ごろ、病院に寄って、父の顔を一目見て、判断することにしました。
 
 脈、血圧とも、あまり変わらず、何とか、仕事に行けそうです。意識のない父に「夕方まで、がんばっててよ。」と言いながら、北九州に向かいました。調査中も2回ほど、携帯電話が鳴りました。電話が鳴る度に、病院からかとドキッとします。幸い調査中はなんとか乗りきれたようです。

 調査が終わって、帰路につく頃、ちょっと心配だったので、母に父の様子を聞きました。特に変わった様子はないようで、安心しました。福岡に帰ってから、父の病院に寄ろうと思って、車を走らせますが、高速道が事故渋滞で、半分くらい渋滞でした。19時の面会時間は終わってましたが、ちょっと父の顔を見てきました。

19:05 心拍数66 血圧103 38 昨日とあまり変化ありませんので、ホッとしました。昨日黒く変色していた足の指先は包帯が巻かれていてどんな状態かわかりません。腕も出血したか、出血しやすいからか、包帯が巻かれ何らかの処置がされてました。1時間ほど父の様子を見て、家に帰りました。今晩はゆっくり眠れるでしょうか。 
posted by gangan at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。